価格上昇を期待できるの?

価格の上昇を期待できるのであれば、不動産投資は大変魅力的であると思います。

 

アパートやマンション経営を不動産投資と呼んだ時代もあったようだが、ハッキリ言って先進国の不動産にもうその魅力はなさそうです。

 

年利が50%以上もまわった話や、短期転売を繰り返すことでの倍々ゲーム、地上げにより価値を大きく吊り上げたのはもうすでに伝説となりつつあります。
今は利回りが10%もあればかなりの優良物件であり、そこに目をつけた悪質な業者が、相続税対策に土地所有のお年寄りからお金を騙し取ったという類のニュースをよく耳にします。

 

不景気により自己破産した中古物件を安く買い叩き、破格の値段で取得、再生するビジネスもあるようですが、元々その不動産自体が不良物件であり、人口減少社会にあってあり余る物件を押しのけて入居者を捜すのはかなりの難事業であると言えるのではないでしょうか。

 

もし、10%でまわったとしても定期的に訪れる高額なメンテナンス費用や固定資産税、寿命の短いその物件の解体費を考えれば、おいしい投資とは言えません。これはREITも同じです。

 

キレイな人口ピラミッドを有する新興国に不動産を保有でき、海外不動産の管理方法が確立されているのであれば、50年前の日本と同じようにかなりの収益を期待できると思いますが、その国の政策に大きく左右されることが懸念材料でしょう。

 

流動性リスクが大き過ぎる、現金化が難しいという点は、すべての不動産投資に共通する欠点であることは言うまでもありません。

 

⇒ AMMAお申込み手順

関連記事一覧