ハイウォーターマーク式とは?

ハイウォーターマーク式という成功報酬について説明します。

投資商品で成功報酬型というのは、運用者側が手数料を取ったり販売して儲けるものではなく、たとえば、「儲かった利益から20%頂きます」というものです。

したがって、投資家の儲けがなければ運用者側も利益が発生しませんので、Win-Winの関係が成り立つのです。

さらにこのテーマである「ハイウォーターマーク方式」の成功報酬は、運用を託す投資家にとってメリットしかない支払方法なのです。

例えば、成功報酬が20%で100万円で運用開始したとします。

 ・1ヶ月目に5万円勝った場合、運用者に支払うべき成功報酬は1万円となり、口座残高は104万円となります。  ・続けて2ヶ月目、少し負けてしまい102万円になったとします。増額していないのもちろん成功報酬は発生しません。  ・さらに3ヶ月目、2万円勝ち口座残高を104万円に戻しました。しかし成功報酬は発生しません。なぜなら、過去の最高到達点(=ハイウォーターマーク)に達していないためです。  ・4ヶ月目に5万円勝って109万円になった場合は、この5万円に対して成功報酬1万円が引かれ、これからのハイウォーターマークは、108万円となるのです。

このように、ハイウォーターマーク方式は非常にフェアな成功報酬形態であると言えますね。

⇒ AMMAお申込み手順

関連記事一覧